Instructors

Chizuko


Chizuko Kuwamoto

 

相愛大学音楽学部 声楽科卒業。

米米クラブの研修生として上京。その後「マイフェアレディ」「屋根の上のヴァイオリン弾き」「ピーターパン」「狸御殿」「エリザベート」等ミュージカルにダンサーとして出演。かたわら小舞台に役者としても出演。

 

2004年にタンゴに出逢いアルゼンチンでおこなわれる世界大会ステージ部門にて2006年『5位』入賞。2007年『エレガンシア賞』。2008、2009年フィナリストを得て2010年 『優勝』。

 

TV: (日本)「徹子の部屋」「BSプレミアムタンゴへの情熱」「ワンダーワンダー」「石井竜也のshow time」等。

(アルゼンチン)「スサーナヒメナ」「ペティナート」等に出演。

Live:2016年 石井竜也「 Black Diamond」

タンゴミュージカル:2011、2013年「ロコへのバラード」

振付:2015年  CM  EDWIN 「男と女のE STANDARD」篇(瑛太&水原希子出演) 2016年 プロモーションビデオ(中国人歌手)

Show:2011年 オーケストラ「コロールタンゴ」と共に日本各地を巡演。他、アルゼンチン、イタリア、フランス、韓国、香港等世界各地のホテル、劇場等でデモンストレーションを行う。

審査員:日本、香港、韓国にて。

 

2009年より アルゼンチンタンゴスタジオ「Efecto Tango」主催。

 

 


Ezequiel Hudyma


Ezequiel Hudyma(エセキエル・ウディマ)

 

アルゼンチン出身。

ブエノスアイレスの多くの老舗タンゴハウスでのディナーショーに出演、また、世界中で絶賛されたタンゴの二大ミュージカル「ForeverTango」「Tanguera」のいずれにも出演している最高峰ダンサーの一人。

アルゼンチンタンゴ世界大会の振付師としても活動の場を広げ、多くの若手プロダンサーを指導している。


Gonzalo Cuello


Gonzalo Cuello(ゴンサロ・クエッショ)

 

2005年からタンゴ講師として招聘され来日以来、日本とアルゼンチンを行き来しながら、基礎から上級まで多くのクラスで定評の高い指導をしている。

アルゼンチンでは、ミゲル アンヘル ソット率いる有名なタンゴ ポルドスのメンバーになる。

世界大会チャンピオンのChizukoとともに、2015年9月に放映されたCM「EDWINE standard」の振付けを担当。ショーダンサーとして、また演出力豊かな振付け師として、国内外で活躍中。


Diego y Aldana


Diego Ortega y Aldana Silveyra(ディエゴ・オルテガ & アルダナ・シルベイラ)

 

二人は「 Forever Tango 」の 現役ダンサーとして世界各地でも活躍している。

溜め息が出るほどぴったりと息の合う二人のタンゴは、 情熱的でエネルギッシュな中に独自のエレガンスが漂い、類を見ない魅力的な雰囲気が人々の心を惹きつけている。


Nstsu y Hiromi


Natsuhiko & Hiromi Yamazaki

 

2004年からパレハとして活動を開始。Hiromiは延べ3年、Natsuは延べ2年と、共にアルゼンチンへ長期間のタンゴ留学を経験。 

グラン・マエストロ “カルロス・ペレス&ロサ・ペレス”の指導のもと、タンゴサロンの基本を徹底的に修学。 

他にも、“トト・ファラルド”、“ダニエル・ナクーチョ&クリスティーナ・ソーサ” 、“セバスチャン・アチャバル&ロクサーナ・スアレス” といった伝統的タンゴサロンを継承するマエストロに師事。

修学中にエントリーした3つの選手権すべてでファイナリストとなり、現地のメディアからも「アルゼンチン人よりアルゼンチン人らしいタンゴを踊る」と称賛される。 

<主な受賞歴>

・2009年 タンゴダンス選手権アジア大会(サロン部門) 第3位 

・2010年 タンゴダンス選手権ブエノスアイレス大会(サロン部門) ファイナリスト 

・2010年 タンゴダンス世界選手権(サロン部門) ファイナリスト 

・2010年 コンチネンタル・インテルナショナル・タンゴダンス選手権 ファイナリスト 

・2011年 タンゴダンス選手権アジア大会(サロン部門) 第3位 ※日本人最高位

・2013年 タンゴダンス選手権アジア大会(サロン部門) 優 勝

<主な出演歴>

・2007年 雑誌「NIKITA」主婦と生活社

・2011年 アルゼンチンタンゴフェスティバル「東京タンゴ祭2011」

・2011年 東京国際タンゴフェスティバル

・2012年 タンゴダンス選手権アジア大会公式GranMilonga

・2014年 タンゴダンス選手権アジア大会公式GranMilonga


Daniel y Cristiana


Daniel Naccucho  y Cristiana Valeria Sosa(ダニエル・ナクーチョ&クリスティアナ・ソーサ)

 

2008年、タンゴダンス世界選手権 サロン(ビスタ部門)チャンピオン。

エネルギーに溢れ情感豊かなタンゴ、楽しくリズム感溢れるミロンガが見る人を惹き付けてやまない華やかなカップル。日本にも度々来日して指導に当たっており、ユーモラスで楽しいクラスはいつも大人気。世界中を飛び回ってショーやワークショップで精力的に活動。


Cristhian  Sosa


Cristhian Sosa(クリスティアン・ソーサ)

 

2009年 アルゼンチン、ブエノスアイレスにおける大きな大会「メトロポリタン」の ミロンガ部門・ワルツ部門でW優勝を飾る。

2012年 世界大会選手権 サロン部門6位入賞。 

2013年 世界大会選手権大会 ステージ部門 優勝。

両大会はアルゼンチンにおいてもっとも栄光のある大会であり、3部門においてチャンピオンの冠を所持するダンサー。

その後、アルゼンチン国内はもとより、フランス、イタリア、ロシアの各都市にてショーに出演するとともに、 ワークショップを開催。講師としても定評が高く、クリスチャンの優しい人柄も多くの生徒、タンゴファンに愛されている。


Roberto y  Lam


 

Roberto Montenegro y Lam 百合子(ロベルト・モンテネグロ & ラム)

 

2009年にペアを結成、その年にタンゴダンス選手権ソナノルテ大会タンゴ、ミロンガ両部門で優勝という輝かしい成績を残し 第7回タンゴダンス世界選手権本選サロン部門では5位に輝く。

 

ロベルトは役者として活躍後、1998年からシルビオ・ラビア(Silvio Lavia)に師事し、タンゴを踊り始め、その知識を惜しみなく与えられた。 2009年4月までセニョールタンゴに出演。

ラムは2000年からタンゴを習い始め、さまざまな大会で着実に成果をあげてゆく過程で、2007年には世界選手権アジア大会のステージ部門でチャンピオンとなる。 アルゼンチンタンゴダンス協会の定期公演『タンゴ・リベルタ』に2006年、2007年と出演。 

2008年度文化庁新進芸術家海外留学制度で、タンゴダンサーとして始めて奨学生に認定されたラムはブエノスアイレスへ渡り、ナタリア・ヒルズ(Natalia Hills)他に師事し、2009年2月ロベルトとペアを結成。

ペア結成後間もない2009年タンゴダンス世界選手権ビデンテ・ロペス大会でミロンガ部門タンゴ部門で優勝。第7回タンゴダンス世界選手権本選のサロン部門準決勝シード権を得て、5位入賞という好成績を残す。

2010年5月に行なわれた第8回ブエノスアイレス市タンゴダンス選手権(メトロポリターノ)では、タンゴ一般部門で4位、ミロンガ・ワルツ部門で5位と全部門で入賞を果たし、同年8月に行なわれる世界選手権へのシード権を獲得した。

<主な受賞歴>

・ Roberto

2005-2008年 メトロポリターノ大会 タンゴサロン・ミロンガ部門決勝進出 

2008年 第6回タンゴダンス世界選手権 サロン部門6位

・ Lam

2006〜2007年 タンゴ・リベルタ出演

2006年 タンゴダンス世界選手権アジア大会 ステージ部門準優勝

2007年 タンゴダンス世界選手権アジア大会 ステージ部門優勝

2008-2009年 文化庁新進芸術家海外留学制度に認定されタンゴダンス留学 


Leandro y Laila


Leandro Oliver y Laila Rezk(レアンドロ・オリバー & ライラ・レック)

 

2007年より現在まで、オフィシャル・アルゼンチン・タンゴ(ARGENTINE TANGO FESTIVALS AND CHAMPIONSHIPS)のダンサー、審査員、講師として、アルゼンチンはもとより、イタリア、日本、韓国、アメリカなど様々な国で活動しているカップル。

 

Tango×2、Tanguera、De Borges a Piazzolla、Colon Theate等、多くの劇場でのタンゴショーのソリストダンサーや振り付け、世界各地のタンゴフィエスティバルやワークショップで教えるなど、長きに渡り豊富なキャリアを誇る。


 Los Villagra

Claudio y Helena


 LOS  VILLAGRA  Claudio Villagra y  Helena Fernanndez(クラウディオ・ヴィシャグラ & エレナ・フェルナンデス)

 

クラウディオは幼少より、祖父であり有名なマエストロ、ヘクトールコントラの指導のもと、タンゴを踊り始めた。その後、多くの著名なマエストロに師事、ブエノスアイレスでCASABLANCA、LA VNTANA 、MIchelangelo、 lquerandiといった一流のショーに出演するようになり、この時期から彼の世界的なキャリアがスタートする。

NYのブロードウェイ、パリのオリンピア、ブエノスアイレスのコロン劇場、LUNAPARK等々、メキシコの国立バレー劇場の舞台にも出演、多くの世界的なタンゴオーケストラと共演。 TANGO SRDUCCION、TANGURA、 FOREVER TANGOのステージでもその才能を高く評価された。一方で、彼自身の演出、振付けによる LATIN TANGOなどのショーも手がけてきた。

サロン、ファンタジア、トラディショナル、ヌエボまで、多岐に渡って優れたダンサーとして、パートナー、エレナと共に、世界中のフェスティバル、ワークショップ、ショーで活躍中。

 

エレナは3歳からクラシックバレエを始め、2000年に The  Royal Academy of Dance of Londonを卒業。ジャズやフラメンコ、サンバといった様々なジャンルのダンスを経験した後、国際的に認められたるタンゴダンサー、そして振付け師となった。女性のためのテクニッククラスの指導者としてもとても高く評価されている。